ホーム  >  お知らせ  >  令和3年度事業方針決定 他

令和3年度事業方針決定 他

1、令和3年度事業方針決定

『自主独立 社会に貢献できる組織作り』

『協調・共生・調和(思いやる心)』(活動時会員共通の心得=全会員認識)

令和3年度活動テーマ『実践こそがすべてを生み出す』

本会は社会に対する想いと大きな目標を掲げ1977年に発足、本年2月1日をもって満44年を迎え、記念すべき45年目の活動に歩みを進めました。

本会発足以来、一貫して追求してきたことは、社会の多くの人々のお役に立ち、そして信頼される組織であり続けるかということです。

本会は、「知識が無ければ健康は守れない」、「多くの人に健康と幸せをおくる」という活動主旨に基づき、この活動をご理解頂き、伝え続けることに重きを置いてきました。

「得た知識を一人でも多くの人に伝え、それを実践に移し、自己管理の出来る能力をもつ人を増やしていきたい」、発足から変わらずに持ち続けている活動の原動力となる考え方です。

4月1日より新事業年度が始まりました。

昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響が続き、年次大会の中止を始めとし、年間で計画している研修会や各事務局の記念大会なども延期または中止となりました。個人指導の活動も思うに任せず、我慢を強いられることが多かったです。しかしこんな状況だからこそできることがあると、多くの方が各自でこれまでの学びの復習に力を入れ、取り戻した知識が数多くあることを伝えてくれました。

今年に入り、新型コロナウイルスの感染拡大の特徴が徐々にわかってきたこともあり、様々なイベントやスポーツ観戦なども行われるようになってきております。

本会においても、例年通りとまではいかずとも、年間で行う研修会などは感染防止策をとった上で出来る限り実施していきたいと考えております。どんな状況においても立ち止まってだけいることは避けなければなりません。今できることを精一杯取組んでいきましょう。

詳細については各事務局を通じてお知らせ致します。

会員皆様のより一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

2、初級講座について

本会は会員と指導会員の2種の会員で構成され、運営されています。

指導会員は、指導者として会活動に参加していく為に基礎知識と経験が必要であり、それらに必要なことを総体的にまとめ学ぶ場を、初級講座(基礎講座)と称しています。つまり指導会員としての登竜門といえます。

初級講座の内容は、
(1)一般教養
(2)物理療法
(3)栄養素療法
の3課程からなり、3日間を通して約22~24時間のスケジュールで行われます。

本講座を終了することで、直ちに指導者としての実力が備わるわけではありません。それを基に、その後の本人の努力と工夫と経験によって、実際に能力が蓄積されていくのです。初級講座は正に、指導者としての基礎を机上で学ぶことであり、それを自分のものとして周囲の方々に生かしお役に立てるのかは、全てが本人の意識と志にあるのです。

目の前に居るたった一人の人に、心から喜んで頂ける活動とは、ただ学ぶだけで得られることではなく、実践してこそ身につくことなのです。

次年度予定されている初級講座の日程は下記の通りとなります。今後新たに企画される初級講座もあります。詳細について、また追加や変更がありましたら随時お知らせ致します。

初級講座日程開催場所
2021年10月頃 北海道札幌市
2022年  1月頃 兵庫県明石市

令和3年度事業方針決定 他